またぎ料理

2014年07月24日(木)10:26 AM

食後に桃を2個のペースで食べている税理士の山口です。

お土産用に買った桃が、思いの外、余ってしまい自分で食べて消費しております。

学生時代、桃の出荷場でアルバイトをしていたとき以来の、桃の飽食です。

 

 

今回、山梨に行ったメインの目的は、八ヶ岳の山麓にある『仙人小屋』に行くことでした。

そのお店は、鹿や熊、山菜やキノコなどを使ったまたぎ料理で有名なお店です。

 

事前に電話すると予約制ではないとのこと。

当日宿を出発したのが10時過ぎ。

お店には11時半頃到着し、食べ始めたのが2時前。

結構待ちましたが、食にありつけたのでよかったです。

待った挙句、売り切れたので終了しますと言われたら悲惨ですからね。

 

私は基本的には、お店には並ばないタイプなのですが、

広島からこのお店に目掛けて行ったこともあり、待ちました。

食べた結論としては、待った甲斐がありました。

 

普通のお店じゃ食べられない食材ばかりということと、

お店の雰囲気も独特で、非日常感を味わえます。

普通は、この二つのことに目を奪われがちですが、

見逃せないのが、このお店の仙人(ご主人)料理が上手です。

さすが自ら仙人というだけのことはあります。侮れません。

 

料理は、どれを食べても美味しかったです。

味噌汁が一番気に入りました。

真似したいけど、できないんでしょうね。

 

このお店、広島からは簡単に行ける場所にないので、実現するまで時間がかかりましたが、

行ってよかったですし、他の人にもオススメできるお店でした。

このお店目当てで、八ヶ岳方面に行く価値のあるお店だと思います。

気になった方は、是非足を運んでみてください。

 

 

基本ランチ営業で、夜は完全予約制のようです。

仙人小屋ホームページ

 

DSC_0216  

 

DSC_0218

 

DSC_0225

イワナ定食 2000円

 

DSC_0220

きのこ焼き定食 2500円

手前の赤く大きいのもキノコです。毒キノコのようですが、食べられるみたいです。

 

過去のブログ