汁なし担々麺 山椒なし

2014年08月12日(火)6:42 PM

久しぶりに「きさく」に行ってきた税理士の山口です。

 

「きさく」とは、広島の汁なし担々麺ファンなら誰でも知っているくらいの有名店で、

広島で汁なし担々麺が流行っているのもこのお店の存在なくしては語れません。

ブームの火付け役となるくらいのお店ですから、当然その汁なし担々麺は

辛みだけではなく深みもあって美味しいのですが、山椒の刺激が極めて強いです。

 

以前小欄でも記した気がしますが、私は数年前

汁なし担々麺に異常にハマりまして、このお店に足しげく通いました。

そして、胃酸過多を患ってしまい、自然と足が遠のいてしました。

 

そんな中、県外から旧友がやって来まして、

「きさく」に連れて行ってくれというものですから、

数年ぶりに行ってまいりました。

 

 

久しぶりの店内、店員は私が足繁く通っていた当時と変わっておらず、

相変わらず女性店員はいませんでした。

店内は雑然としていて、男所帯感がプンプンです。

それがまた、この店独自の雰囲気を醸し出しております。

 

注文は、胃酸過多を経験しているので、初めて山椒無しを注文してみました。

食べた印象としては、パンチがありません。

山椒以外にもスパイスがたくさん入っているので、

多少の辛さはあるものの、急激に完成度が落ちます。

山椒2分の1、4分の1という頼み方もあるようなので、

4分の1で頼んだらよかったかも知れません。

 

辛いのが苦手な方は、温玉(温泉卵)入りで、

山椒は4分の1で頼んでみるのをお勧めします。

過去のブログ