不動産取得税

2015年03月07日(土)1:58 PM

雑炊にポン酢をかけて食べる税理士の山口です。

焼き魚にもポン酢が合います。

ポン酢は大概のものにあいますね。

非常にオススメの調味料です。

 

 

さて、確定申告期限まであと1週間ちょっと。

今年は3月15日が日曜日なので、提出期限は3月16日です。

 

そんな中、確定申告をお願いしますと言われ、話を聞いてみると、不動産取得税の申告でした。

住宅借入金等特別控・・・ いわゆる住宅ローン控除とか住宅ローン減税とかと言われるもの

と勘違いされている方も多いようですが、所得税と不動産取得税は別物です。

確かに、所得税(しょとくぜい)、 取得税(しゅとくぜい)・・・ 音も似てますね。(・へ・;;)

 

不動産取得税はその名の通り、不動産を取得した際にかけられる税金です。

ただ、マイホームを買った場合は、減税措置が設けられていて、

税金がゼロになったり、安くなったりします。

この不動産取得税は勝手に税額を計算されて納付書が送られてくるタイプの

税金(賦課課税)なので、そのまま納めてしまう方もおられるようです。

ただ、その場合は減税措置は加味されておりません。

上記の不動産取得税の申告書を提出することによって、

初めて減税措置が考慮された税額を計算してもらえる様になります。

 

この不動産取得税の申告書の提出期限は、取得した日から60日以内です。

しかし、60日経過後、または不動産取得税を納めた後であっても、

気づいたならば不動産取得税の申告書を提出された方がいいと思います。

まだ納付書が届く前ならば、減税措置を考慮した税額のものが届くはずですし、

納めた後ならば、納めすぎた分は返してもらえます。

5年以上前のものは時効で返してもらえません。

 

マイホームを買われてこの申告をしていない方は、要チェックです。

ちなみに、不動産取得税は県税なので、窓口は県税事務所となります。

全部事項証明書と売買契約書(両方コピーでOK)があると話は早いです。

自分でやるのが面倒くさいという方は、当事務所まで♪(* ̄ω ̄)vウフ

過去のブログ