医療費控除制度の改正

医療費控除制度の改正

2017年12月22日(金)11:27 AM

忘年会続きで肝臓を鍛え上げている税理士の山口です。

12月も下旬となりました。

今年も残すところあとわずかですね。

ラストスパートをかけていきましょう!

 

平成29年分から所得税の医療費控除が大きく変わりました。

セルフメディケーション税制の創設です。

セルフメディケーション税制は、対象となっている市販薬を購入すると

医療費控除を受けれるというものです。

対象となっている市販薬というのは、パッケージにセルフメディケーション税制対応と記載されており、

薬局から発行されるレシートにもセルフメディケーション税制対応薬の

金額が記載されるようになっているので、それで金額を集計することができます。

 

従来の医療費控除制度との違いは、金額が小さくても控除を受けることができるという点でしょうか。

セルフメディケーション税制は年間12,000円を超えた部分の金額(上限88,000円)

について所得控除を受けることができます。

上限額を超えると従来の医療費控除を受けることができます。

だた、従来の医療費控除制度と今回創設されたセルフメディケーション税制は

併用は出来ないので注意して下さい。

 

 

それと、協会けんぽ等から送られてくる「医療費のお知らせ」が

医療費控除を受ける際の、添付書類として受けられるようになりました。

これは意外と便利だと思います。

領収書のもらい忘れや、集計の手間がある程度省けます。

 

 

いずれにしても、確定申告が必要となりますので、

準備を整えて確定申告に備えて下さい。


平成29年分 法定納期限

2017年12月14日(木)10:15 AM

忘年会がライフワークになっている税理士の山口です。

どうしても、この時期忘年会が多いですね。

不思議と新年会があまり開催されてないような気がします。

ですので、プライベートな友人等との飲み会は

極力新年会になるようにしております。

その方が、お店の予約も取りやすいですしね。

 

 

さて、平成29年分の法定納期限のお知らせをいたします。

申告所得税(3期分) 3月15日(木)

申告所得税(延納分) 5月31日(木)

消費税及び地方消費税 4月2日(月)

贈与税        3月15日(木)

法定納期限は法改正がないので、例年通りですが、

消費税及び地方消費税の納期限が、3月31日が土曜日なので、

4月2日(月)になっているのが注意事項でしょうか。

 

振替納税を利用されている方は、

申告所得税(3期分) 4月20日(金)

申告所得税(延納分) 5月31日(木)

消費税及び地方消費税 4月25日(水)

 

 

振替納税を利用されている方は、

申告期限と振替日が離れているので、

口座の残高確認をお忘れなきようご注意下さい。


年末調整(平成29年分)

2017年11月24日(金)3:28 PM

今シーズンはまだ風邪をひいていない税理士の山口です。

毎年、秋の寒くなるタイミングと春の寒さが薄れてきたタイミングで

必ず風邪をひいておりました。いわゆる季節の変わり目ですね。

風邪をひくと、冬がやってきたか・・・

と、風物詩の様に感じておりましたが、よくないですよね。

今シーズンは気を付けている甲斐があります。

 

さて、今年も年末調整のシーズンがやってまいりました。

前年は、マイナンバーが導入された年でなにかと準備や

周知活動に時間を取られました。

今年は、前年よりも周知されている感じがします。

来年は配偶者控除の拡大(高額所得者には縮減ですが・・・)が

決まっているので、早くも質問されたりします。

そして、税制調査会では基礎控除の見直しも論議されていますね。

どうなるのでしょうか・・・

ちなみに現在は基礎控除38万円ですが、これを50万円にして

高額所得者には0円にしようという話もあるようです。

最近の税制改正は、基本的に高額所得者には増税の改正が多いですね。

 

そんな先のことよりも、目の前の年末調整です。

資料収集にご協力をお願いします。


不動産取得税

2015年03月07日(土)1:58 PM

雑炊にポン酢をかけて食べる税理士の山口です。

焼き魚にもポン酢が合います。

ポン酢は大概のものにあいますね。

非常にオススメの調味料です。

 

 

さて、確定申告期限まであと1週間ちょっと。

今年は3月15日が日曜日なので、提出期限は3月16日です。

 

そんな中、確定申告をお願いしますと言われ、話を聞いてみると、不動産取得税の申告でした。

住宅借入金等特別控・・・ いわゆる住宅ローン控除とか住宅ローン減税とかと言われるもの

と勘違いされている方も多いようですが、所得税と不動産取得税は別物です。

確かに、所得税(しょとくぜい)、 取得税(しゅとくぜい)・・・ 音も似てますね。(・へ・;;)

 

不動産取得税はその名の通り、不動産を取得した際にかけられる税金です。

ただ、マイホームを買った場合は、減税措置が設けられていて、

税金がゼロになったり、安くなったりします。

この不動産取得税は勝手に税額を計算されて納付書が送られてくるタイプの

税金(賦課課税)なので、そのまま納めてしまう方もおられるようです。

ただ、その場合は減税措置は加味されておりません。

上記の不動産取得税の申告書を提出することによって、

初めて減税措置が考慮された税額を計算してもらえる様になります。

 

この不動産取得税の申告書の提出期限は、取得した日から60日以内です。

しかし、60日経過後、または不動産取得税を納めた後であっても、

気づいたならば不動産取得税の申告書を提出された方がいいと思います。

まだ納付書が届く前ならば、減税措置を考慮した税額のものが届くはずですし、

納めた後ならば、納めすぎた分は返してもらえます。

5年以上前のものは時効で返してもらえません。

 

マイホームを買われてこの申告をしていない方は、要チェックです。

ちなみに、不動産取得税は県税なので、窓口は県税事務所となります。

全部事項証明書と売買契約書(両方コピーでOK)があると話は早いです。

自分でやるのが面倒くさいという方は、当事務所まで♪(* ̄ω ̄)vウフ


紹介状も医療費控除の対象に

2014年12月25日(木)5:45 PM

メリークリスマス!♪♪ 税理士の山口です。

 

今年は年初から腰が痛くて病院に通ったりしたので

医療費が10万円を超えて医療費控除できるかなぁと

思っておりましたが、10万円を下回りました。

医療費10万円というのは意外とハードル高いですね。

 

 

さて、その医療費控除ですが、1年間で払った医療費が

10万円(課税所得が200万円以下の方は、課税所得の5%)を

超えた場合、確定申告をすれば、1年間の医療費-10万円を

所得税の計算上所得から引くことができるというものです。

 

その医療費控除の対象となる医療費は、医師等による診療代や医薬品の購入費用

といったいわゆる普通の治療代といったものですが、このたび東京国税局は、

病院のいわゆる紹介状の作成にかかってくる文書料も医療費控除の対象となると回答しました。

A診療所からB総合病院に行く場合に、お医者さんに紹介状を書いてもらいますが、

それは、病院で適切な診療をする為に必要なものという判断なのでしょう。

紹介状の文書料は医療費控除の対象になりますということでした。

 

ちなみに、似たようなもので、診療等の内容を記載した文書、

いわゆる診断書は医療費控除の対象となりません。

普通は生命保険会社などへ保険の請求などに使ったりするので、

治療の一環とは捉えられないからでしょうね。

似て非なるものなので、気を付けて下さい。

 

 

今年も残すところあと1週間です。

張り切って今年も乗り越えましょう!


通勤手当の非課税限度額

2014年10月24日(金)5:43 PM

ライザップに興味がある税理士の山口です。

ライザップとはパーソナルトレーニングジムで、

マンツーマンでトレーニングだけでなく、普段の食事まで指導して、

2ヶ月で十数kg落としながら、ムキムキの体を作り上げる今話題のジムです。

当然効果には個人差はあるようですが、気になってしまいます。

 

さて、消費税が上がってから半年が経ちました。

それに伴って、通勤手当の非課税限度額が引き上げられました。

この改正は10月20日施行ですが、平成26年4月1日以後に支払われる

通勤手当について遡って適用されるようです。

遡るといっても、年末調整を受けられる方はこれから精算されるので、

あまり関係有りませんが・・・ (^-^;) 

 

この改正の恩恵を受ける人たちというのは、サラリーマンで自動車や

自転車などの交通用具を使って通勤している人達です。

例えば、家から会社まで片道20キロの道のりを車で通っていた方は、

非課税限度額が11,300円だったものが12,900円になります。

会社から毎月通勤手当として15,000円支給されていた場合は、

給与のうち非課税額は11,300円で、残り3,700円は課税されていましたが、

4月分以降は、非課税額12,900円で、残り2,100円が課税対象となります。

会社から毎月支給されていた通勤手当が、1万円だった場合はどうなるのかと問われれば、

そもそも非課税限度額の範囲内なので、今回の改正の影響は受けません。

 

自転車や自動車通勤されている人に通勤手当を支給している会社さんは、

一読されたらよいかと思いますので、国税庁の該当ホームページをリンクしておきます。

外部リンク:通勤手当の非課税限度額の引上げについて


確定申告期限

2014年03月17日(月)3:34 PM

昼間はすっかり暖かくなっていることに気付いた税理士の山口です。

そして、小欄の更新もすっかり滞っておりました。

誰か秘かに代筆してくれる人いないでしょうかね。

おっと、デリケートな話題なので深入りしないでおきましょう。

 

 

なんとか今年もなんとか乗り切りました。

今日が確定申告期限です。

明日提出すると期限後申告となります。

税務署は17時で締まりますので、18時に申告書が出来上がった

という方がおられても、受付は明日になってしまい

期限後申告という扱いになってしまいます。。

 

こういった場合は、郵便で出されるといいでしょう。

郵便で提出すると、消印の日を提出日として扱ってくれるので、

今日中に出せば期限内申告となります。

ちなみに、郵便以外のメール便等については、

到着日が提出日となりますので注意しましょう。

 

期限後申告になると延滞税がかかったり、

無申告加算税が課される可能性があります。

他にも青色申告をされていて、青色申告特別控除を65万円で受けられている

方は、期限内申告が要件となっているので、期限後申告をしてしまうと

強制的に10万円控除となってしまうので気を付けましょう。

 


予防接種の費用

2013年11月15日(金)11:10 AM

朝晩寒いです。まだ布団一枚で耐えている税理士の山口です。

 

そろそろ毛布でも追加しないといけないくらい寒くなってまいりました。

冬支度ですね。

 

皆さんも、寒さには気を付けて風邪を引かないようにして下さい。

そんな中、インフルエンザの予防接種が始まったようです。

この予防接種は医療費控除の対象にはなりません。

医療費控除は、病気やケガを治すために使ったお金の

一部を税金の計算上控除してあげましょうという制度なので、

病気を予防するための費用は、みてくれないのです。

税金がどうのこうのというよりも、健康が一番ですからね。

 

ちなみに、会社が従業員の予防接種費用を負担した場合ですが、

予防接種を希望する従業員に対し一律に費用を負担するようなルール等が

あれば会社の経費として認められます。

 

病気になってから治すよりも、病気にならないように気を付けましょう。


印紙は5万円以上から

2013年06月06日(木)9:59 AM

2週連続でtotoBIGが買えなかった税理士の山口です。

 

土曜日の午前中に買うというマイルールを設けているのですが、

来客などの予定が入ってしまい買えず仕舞でした。

今週こそは!と意気込んでいます。

結局は当たらないのでしょうが・・・

 

平成26年4月1日以降に作成される領収書に貼り付ける印紙税の

非課税範囲が拡大されました。 現在は、記載された金額が3万円未満

のものについては、印紙を貼らなくてもいいとされていますが、

これが平成26年4月1日以降に作成されるものについては、記載された金額が

5万円未満のものについては、印紙を貼らなくてもいいとされました。

 

事業者側からすると、4万円の商品を売った場合、領収書を発行してくれと

言われたら、現在は200円の収入印紙を貼付する必要がありますが、

これが必要なくなるわけです。

事業者さんからするとありがたい措置だといえます。

 

しかし、なぜこの非課税の範囲が拡大したかというと、

消費税がアップして事業者負担が増加するからという配慮があるようです。

タイミング的にも消費税率アップと一致します。

 

消費増税待ったなしといった感じです。


過去のブログ