よくある質問

よくある質問

取引量も売上も毎年ほぼ一定なので年に一回の申告とそれに伴う記帳だけお願いしたいのですが対応してもらえますか?
A.対応しております。
年に1回だけのお客様でも、中間として半年に1回試算表が見たいというお客様でも大丈夫です。お客様の事業形態に合わせて柔軟に対応しております。
広島市外の会社でも大丈夫でしょうか?
A.大丈夫です。
当事務所は、広島市とその隣接した地域を中心に事業展開させて頂いておりますが、郵送などを利用したり、訪問回数を減らすなどの対応をさせて頂きますが、基本的には全国対応可能となっております。
会社設立の登記を自分で行いたいのですが、提携している司法書士を利用しないと創業支援プランを受けられないということは無いでしょうか?
A.問題ありません。
創業支援プランの対象となる起業者様は、開業年と資本金以外の制限を設けておりません。当事務所では、税理士業もサービス業であるという考えから、お客様の意向を尊重するようにしております。
現在、顧問税理士がいますが、期の途中からでもそちらに変わることは可能ですか?
A.可能です。
処理が終わったところまでの資料を前任の事務所から回収して頂くだけで結構です。
顧問料につきましても、前任の事務所への支払いと当事務所への支払いが重ならないようにし、スムーズに移行できる様に致します。
個人で開業するか、法人で開業するか悩んでいます。
どっちの方が良いのでしょうか?
A.一概には答えられません。
お客様の考えられている事業内容や規模等をお聞かせいただいた上で、メリット・デメリットを提案したいと思いますので、是非お問い合わせ下さい。
創業支援プランをお申し込み頂ければ、診断を無料で行っております。
自分で市販の会計ソフトを買って入力をしているのですが、税理士事務所に頼むとその税理士事務所に合わせた会計ソフトを導入しなければならないと聞きましたが本当ですか?
A.そのままお使い下さい。
会計事務所によってはそのような対応をとっている事務所もあるようです。
当事務所におきましては、お客様が使っておられる会計ソフトをそのまま使っていただいております。
相続や事業承継に関する業務は行っていないのですか?
A.行っております。
現在は、新たに起業された方を中心に支援させていただいていることから、当ホームページには相続税や事業承継に関することは掲載しておりません。
しかしながら、相続税の税務申告及び遺産分割協議書といった相続に関するご相談全般から、贈与税の税務申告、譲渡の税務申告のご相談も承っております。
相続・事業承継に関する報酬料金が記載されてないようですが?
A.申し訳ありません。
相続に関する報酬料金に関しては、財産評価の困難度が千差万別であり、最終的に同じ財産の額であっても、内容によっては極端に時間を要する場合もあります。
このようなことから、報酬料金を明示しておりません。
ちなみに、相続税に関する当事務所の報酬は、お客様に対するサービスの提供に要する時間数と財産の額をベースに決めさせていただいております。
現在顧問税理士がいるのですが、申告書の説明がないので、正しく申告されているか不安なので見てもらいたいのですが・・・
A.ご相談して下さい。
いわゆるセカンドオピニオンですね。私の税理士としての経験上顧問先様に詳しく申告書の説明を行っていなくても、ほとんどの税理士事務所は正しく申告を行っております。
それでも不安なお客様に対しては、当事務所はセカンドオピニオンも承っております。
お問い合わせ下さい。

過去のブログ